名大祭

menu

名大祭

名大祭実行委員長挨拶

名大祭実行委員会 委員長 柴田 一輝

 はじめに、第59回名大祭を無事開催できますことを非常に喜ばしく思うとともに、開催にあたってお力添えを頂きました関係者各位に心より感謝を申し上げます。

 名大祭は学生運動に端を発し、第1回が行われた1960年当時の名大祭は、学生の様々な要求を実現しようとする場でありました。それから時代は変わり、今の名大祭には学生運動の色はなく、イベント化が進みつつあります。しかし、学生たちが何かをしたいと思い、名大祭に参加していることはこの59年間変わっておりません。

 当時の学生も、現代の学生も、何かを夢見て名大祭に参加しています。「夢路」とは夢見ること。夢へと突き進むことは非常に大きなエネルギーを持っています。来場者の皆さまも、このエネルギーに触れ、現実を生きる活力を得て頂ければ、僕たちとしては嬉しい限りです。さあ、夢の時間の始まりです。